RFIDタグの利点は何ですか

RFID電子タグは非接触の自動識別技術です。無線周波数信号を使用して、ターゲットオブジェクトを識別し、関連データを取得します。識別作業は人間の介入を必要としません。バーコードのワイヤレスバージョンとして、RFIDテクノロジーは、バーコードにはない防水性と耐磁性性の保護、高温耐性、長寿命、長い読み取り距離、ラベル上のデータの暗号化、ストレージデータ容量の拡大、ストレージ情報は簡単に変更できます。RFIDタグの利点は次のとおりです。

1.高速スキャンを実現
RFID電子タグの識別は正確であり、認識距離は柔軟であり、複数のタグを同時に認識して読み取ることができます。物体が覆われていない場合、RFIDタグは貫通通信とバリアフリーの読み取りを実行できます。

2.データの大容量
RFID電子タグの最大容量はメガバイトです。今後、オブジェクトが伝送する必要のあるデータ情報量は増加し続け、メモリキャリアのデータ容量の開発も市場の対応するニーズに応じて絶えず拡大しており、現在は安定した上昇傾向にあります。見通しはかなりのものです。

3.汚染防止能力と耐久性
RFIDタグは、水、油、化学薬品などの物質に対して非常に耐性があります。さらに、RFIDタグはデータをチップに保存するため、損傷を効果的に回避し、データ損失を引き起こす可能性があります。

4.再利用可能
RFID電子タグには、RFIDタグに格納されているデータを繰り返し追加、変更、削除する機能があり、情報の置き換えや更新が容易になります。

5.小型で多様な形状
RFID電子タグは形状やサイズに制限されないため、読み取り精度のために紙の固定および印刷品質を一致させる必要はありません。さらに、RFIDタグは、より多くの異なる製品に適用するための小型化と多様化に向けて開発されています。

6.セキュリティ
RFID電子タグは電子情報を伝達し、データコンテンツは非常に安全なパスワードで保護されています。コンテンツの偽造、改ざん、盗難は容易ではありません。
従来のタグも広く使用されていますが、一部の企業はRFIDタグに切り替えています。ストレージ容量の観点からでも、セキュリティと実用性の観点からでも、従来のラベルよりも耐久性があり、ラベルが非常に要求の厳しい分野でのアプリケーションに特に適しています。


投稿時間:2020年4月30日